法律以外で重要な規則

裁判の基準は法律や規則

裁判は法律のほかに規則も基準に

裁判をする時には、法律のほかに規則も基準となります。これは、最高裁が定める物で、具体的にどういう風に訴訟を行っていくのかを定めているものです。最高裁には独自の規則制定権があるため、それに基づいて定められています。一般的な法律乗っている六法にも、これは載っているため、これを見ることで具体的な訴訟の進行についての取り決めを知ることができます。中には、知っておくべきことも多いので、弁護士は当然それを熟知しています。一般の方が個人で訴訟を起こす際には、この点については押さえておく必要があるでしょう。参考書籍も売られているので、適宜確認しましょう。

裁判で法律の解釈は決まる

法律の制定は立法府である国会が行いますが、その解釈適用を最終的に決定する権限は裁判所にあります。そのため、時には制定されたものが憲法に反するとして違憲とされることもあります。これによって、立法府がときに妥当ではない法律を定めたら、それを正す役割を果たしています。また、個人間の紛争も、任意の話し合いで解決できる場合は、具体的な適用について検討することは必要ありません。たとえ法的には異なる結論になるとしても、それについて当事者間で争いが続かないならば、当事者の合意で決着をつけられます。しかし、それがまとまらなければ、最終的に裁判所の判断で決着をつけることになります。

↑PAGE TOP