憲法違反の法律の処遇

現行法律の憲法違反の判定

裁判で法律が憲法違反になる場合

法律は立法府が作りますが、時に憲法違反とされる裁判が確定することがあります。そうなると、立法府はその違反とされた物を廃止するのが普通です。というのも、裁判所が憲法違反と判断したからといって、直接立法府に作り直せといえる権利はありません。この効果がどういったものになるか、学説でも分かれていますが、実際はそれを尊重して、適用をやめたり、作り直しているのが実情です。もしそれを無視したとすれば、国民からの信頼は得られませんので、政治的責任を負ってしまいます。つまり、議員は次の選挙で落選してしまいます。そういったサンクションがあるため、ふつうは法律が違反だとされれば改廃の手続きが取られます。

裁判の運用は法律にルールが規定

裁判の運用の仕方は法律にルールが規定されているので、それを知っておくことでどういう風に運用されているかを理解することができます。民事なら民事訴訟、刑事なら刑事訴訟、行政事件は行政訴訟に規定がされています。その他に、特別法で一定の場合にだけ適用されるルールが定められていることがありますが、基本的にはこの三つを知っておけば、大体の流れを知ることができます。法律によって運営されていますが、あとは規則に委任されて細かいことが定められているため、これらと合わせて規則を知っておけば、裁判の運用については正確な理解が可能になります。

↑PAGE TOP